メンズ

会計システムを導入するときの選定ポイント

ニーズに合わせて取捨選択

電卓とメンズ

最近話題を集めている給与計算アウトソーシングですが、実は企業によっては、向き不向きがあるといいます。まず、給与計算アウトソーシングに向いている企業についてみていきましょう。給与計算アウトソーシングのメリットが大きい企業としては、起業したばかりのベンチャー起業や、中小企業など規模が大きくないケースが挙げられます。給与計算アウトソーシングを活用すれば、総務や経理担当者を雇用することなく、コア業務のみ人材を配置することができますし、コスト削減の意味でも大きなメリットがあるといえます。しかし、数千人以上が働くような大手の企業であれば、内製化しても、コストの面では給与計算アウトソーシングした場合とあまり変わらないことが多いので、給与計算アウトソーシングは不向きという傾向があります。しかし、給与計算業務には、繁忙期と閑散期が発生するのが一般的です。年末調整など繁忙期に限って、給与計算アウトソーシング業者に単発で業務を委託するというケースもあります。そうすることで、自社の総務や経理担当者の業務量を平準化させることもできるはずです。また、産休や育休取得など短期的な休む場合の期間のみ、給与計算アウトソーシングを依頼するという方法もあります。また、会社が吸収併合したり、組織改編したタイミングに合わせて委託する企業も多いといいます。システムを作り変えたり、統合したりするよりも、アウトソーシング化した方が、コストも安く、また、手っ取り早いためメリットが大きいといえるのです。自社のニーズに合わせて最適な方法を取捨選択することが可能でしょう。